神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.98 <間違えやすい言葉>漢字の使い分け

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 間違えやすい言葉 】です。 同じ読みでも表記によって意味合いが異なる漢字があります。 パソコンの自動変換に頼っていると、つい見逃してしまう漢字の間違いとして  1.おさえる・おす  2.つとめる・つかう  3.きせい  4.じったい・しょうたい・じたい  5.じてん・しせい について紹介します。 同音の漢字は字の違いに気づきにくいので、特に注意が必要です。 ─────────────────────────────────── < 漢字の使い分け > 1. おさえる・おす ─────────────────────────────────── パソコンの自動変換に頼っていると、つい見逃してしまう漢字の間違い。 これまでも何度か紹介してきましたが、改めて、同じ読みでも表記によって 意味合いが異なる漢字について取り上げます。 ※参考バックナンバー Vol.89 <間違いやすい言葉>「申し分けない」? https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/162633236?share=1 ▼押さえる・抑える 押さえる=物理的におさえる、確保すること 「会場を押さえました」 「要点を押さえて説明する」 「目頭を押さえる」 抑える=抑制する、くいとめる、こらえること 「このプランであれば、制作費を抑えることができます」 「抑えが利かない状態」 「涙を抑えて答える」
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式