メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

【質問です】何パーセントの人が退職後も働きたいと考えているか?

要約 ハーバード 米国 ビジネス知識源
【質問です】何パーセントの人が退職後も働きたいと考えているか? 退職後の再設計 今日の企業は深刻な人材不足に直面している。 人材不足を報告している企業の割合は、77% と過去最高となっている。 昨秋、米国には950万人の雇用が埋まっていないが、 失業者はわずか650万人だった。 募集中のポジションの多くは、AI や新入社員のトレーニングでは 提供できない高度なノウハウを必要としている。 毎日 10,000 人のアメリカ人が伝統的な 65 歳の退職年齢に達しており、 これが問題を悪化させている。 退職するたびに、重要なスキル、経験、コネクションが 失われてしまう可能性がある。 良いニュースは、年配の従業員の多くが働き続けたいと 考えていることだ。 企業は、この大規模で貴重な労働力プールを見過ごすのを やめるべき時が来ている。 雇用主は高齢労働者に対する誤解を捨て、 段階的な退職プログラムの作成、更新コースの提供、退職者ネットワークを 通じた採用など、高齢労働者の経験を最大限に活かすための対策を講じる必要がある。 年配の従業員の知識は、コーチングの役割、多世代のチーム、 組織システムを通じて活用できる。 しかし企業は、経験豊富なスタッフを雇用し、柔軟性、適切な福利厚生、 つながりの機会を提供するよう努める必要がある。 【質問です】何パーセントの人が退職後も働きたいと考えているか? ▼質問の答えは今回の注目フレーズにて。 ■ CAREER TRANSITIONS MAGAZINE ARTICLE Ken Dychtwald Robert Morison

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 要約 ハーバード 米国 ビジネス知識源
  • 【2003年創刊!17年目に突入です。】英語でビジネスする機会が増えていませんか?でも、あの一言がもっと的確に言えたら!という悔しい場面もいっぱい。そこで、英語版ハーバードビジネスレビューより毎週1つ記事をピックアップ。マネジメントに役立つ英語の1フレーズを3回練習します。知らず、知らずのうちにグローバル人材に近づけるメルマガです。
  • 330円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日(祝祭日・年末年始を除く)