メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第79回 送り仮名の付け方は、案外複雑だぞ!

前田安正の「マジ文アカデミー」
送り仮名の付け方って、案外むずかしいですよね。どこから送ればいいのか、悩みませんか? それは、活用する語については「活用を表すために活用する部分(活用語尾)を送る」のが原則であることはわかっていても、いざとなるとしっかり説明できないものです。 ◇送り仮名に原則があったのか たとえば、「書く」という五段活用動詞なら、 未然形「書か(ない)」「書こ(う)」 連用形「書き(ます)」「書い(た/て)」 終止形「書く」 連体形「書く(こと)」 仮定形「書け(ば)」 命令形「書け」 と活用します。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 前田安正の「マジ文アカデミー」
  • これからは「自らがメディアになる時代」です。就活・ビジネスなど、さまざまな場面で自己発信力が求められています。ところが、情報の受け手を意識して自らを表現することは、そう簡単ではありません。 『マジ文章書けないんだけど』(21年4月現在9.4万部/大和書房)の著者が、「自らがメディアになる」ための文章作法と「ことば」の可能性についてお伝えします。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 5日・15日・25日(年末年始を除く)