メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● wrap one’s head around something Have you ever been able to wrap your head around why people continue to target the LGBTQ community this way? 「なぜ、このようにLGBTQのコミュニティを標的にし続けるのか、理解できたことはありますか?」 〈解説〉 コロラド州コロラドスプリングスのLGBTQクラブで、痛ましい銃乱射事件が起きました。5名が死亡、25名以上が負傷。 この事件を受けて、全米初、自身がゲイであることを公表したコロラド州知事Jared Polisがゲストで登場。 Whoopiが、LGBTQ+コミュニティに属する人々が差別や嫌悪、暴力などのターゲットになり続けている現状をどう思うかと以下のように尋ねました。 Have you ever been able to wrap your head around why people continue to target the LGBTQ community this way? wrap one’s head around something の直訳は、「何かを頭で包み込む」ですが、「難しいことや複雑なこと、異質なものごとを理解する」という意味のイディオム。 他にも↓ It took me weeks to wrap my head around it. 「それを理解するのに何週間もかかったよ」 なお、クリップ中、LGBT、LGBTQ、LGBTQ+と3通りで表現が出ていましたが、最近は、LGBTQ+と呼ぶのが主流です。 この「+」は、LGBTQに分類されない人たちを指します。例えば、intersex「インターセックス=男女両方の身体的特徴を持ち、男女の区別をつけられない」人々、asexual「他者に性的魅力をまったく感じない」人々です。 ちなみに、Qは、Questioning(=自分の性/性的指向が定まっていない人)とQueer(=自分の性を限定したくない人)の2通りの意味があります。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)