メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● take the fifth He’ll show up and take the fifth like the mobster that he is, won’t he? 「彼は姿を見せて、マフィアのように黙秘権を行使するんじゃない?」 〈解説〉 1月6日公聴会で、下院議長ナンシー・ペロシと上院議員総務チャック・シューマーが、議事堂の安全を確保しようと緊迫した様子の映像が流されました。そして、公聴会はトランプ元大統領を召喚すると決めたそうです。 それに対して、Joyが以下のように疑問を呈しました。 He’ll show up and take the fifth like the mobster that he is, won’t he? take the fifth とは、アメリカの口語表現で「黙秘権を行使する」という意味。これは、米国憲法のthe Fifth Amendment「修正第5条」で黙秘権を認めたことから。 つまり、回答が自分に害を及ぼすかもしれない、または罪を犯したことを示すかもしれないという理由で、法廷での質問に答えることを拒否すること。 mobsterは「マフィア」「犯罪組織の一員」。 通常の会話でも、質問に答えたり、情報などを提供したくないときにも使えます。例えば↓ I’ll take the fifth on that. 「それに関してはノーコメント」 「黙秘権」は他に、right to remain silent と表現できます。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)