メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● 12-year itch An op-ed in the “New York Post” warned they may be experiencing the 12-year itch. 「『New York Post』の署名入り記事では、彼らが12年目のイッチを経験しているのかもしれないと警告しています」 〈解説〉 アメリカンフットボール選手のTom Bradyと、ブラジル出身のスーパーモデルGisele が、 12-year itch を経験しているのでは?という憶測が流れているそうです。 Joyが以下のように解説。 The future of Tom Brady and Gisele’s marriage has been under a lot of speculation in the tabloids. 「Tom BradyとGiseleの結婚の行方について、タブロイド紙でさまざまな憶測が飛び交っています」 speculationは「憶測」、tabloidは「タブロイド紙」。 その憶測がこれ↓ An op-ed in the “New York Post” warned they may be experiencing the 12-year itch. itch は、「痒み」「むず痒さ」という意味なので、 12-year itch の直訳は「12年目の痒み」。 ある研究によると、結婚から10年以上経過したカップルは、「12年目の痒み」を経験し、別れる可能性が最も高いそうです。なお、失敗した結婚のほとんどが12年目あたりで破綻していることが明らかになったとのこと。 12-year itch は、 7-year itch が元になっています。 1950年代に製作されたマリリン・モンローの同名映画に由来し(邦題は『7年目の浮気』)、浮気はたった7年で我慢できなくなる、つまり結婚後7年以上経過すると、他の人との性的関係に憧れを抱くようになるという考え方にちなんでいます。 現在では、7年という期間に限らず、あらゆる状況から抜け出したいという衝動を指す言葉として拡張されています。 なので、結婚12年目のTom BradyとGiseleが、変化を求めているのではという憶測です。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)