メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

なぜ格差はなくならないのか [にゅーまぐ September 18, 2022]

News U.S. レポート
  • 2022/09/18
    • シェアする
※このメールマガジンはNews U.S. noteのNews U.S. レポートで2022年3月29日に発行された記事をNews U.S. まぐまぐ読者向けに再配信したものだ。 黒井:格差にも色々ある。経済格差、情報格差、身体格差、恋愛格差。ロシアがウクライナに侵攻しようが中国で感染爆発が起きてロックダウンが再開しようが、この格差が地球上から消えてなくなることはないだろう。 ========================================================= 日本の経済格差「深刻」88%、縮小のため「賃金底上げを」51%…読売世論調査 : 世論調査 : 選挙・世論調査 https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20220326-OYT1T50254/  読売新聞社は格差に関する全国世論調査(郵送方式)を実施し、日本の経済格差について、全体として「深刻だ」と答えた人は、「ある程度」を含めて88%に上った。「深刻ではない」は11%だった。  具体的な格差7項目について、それぞれ今の日本で深刻だと思うかを聞くと、「深刻だ」との割合が最も多かったのは「職業や職種による格差」と「正規雇用と非正規雇用の格差」の各84%だった。  岸田首相は「新しい資本主義」を掲げ、これまで市場に依存し過ぎたことで格差や貧困が拡大したと繰り返してきた。調査からも、格差への問題意識が広く共有されていることが明らかになった。 ========================================================= ※「News U.S. レポート まぐまぐ」はこれまでの10年の経験と知識を元に、これからの厳しい10年を戦略的に生き延びていくための月額マガジンだ。コロナワクチンやサル痘パンデミック、米中間選挙、トランプ、岸田政権の話題などが中心となる。米国独立宣言の1776年7月4日を意識するために月間購読価格を1,776円とした。火曜と木~金曜に発行されるのはにゅーまぐオリジナル記事で、日曜日に発行される記事は過去のNews U.S. noteの再配信だ。 ※画像の枚数がやたらと多いが、大半は黒井のアイコン画像なので了承願いたい。純粋な引用画像(アイキャッチ含む)は10枚となる。 ――――― ここから下は有料部分 ―――――

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • News U.S. レポート
  • News U.S. レポートは月額メールマガジンである。News U.S. の名にふさわしく米国の話題が中心となる。米国独立宣言の1776年をそのまま採用し月額1,776円としている。これまで10年間米国で活動したりサイトを運営してきた中で、膨大な人達や情報に触れながら経験してきたすべてのことを少しずつ記していくためのメルマガだ。
  • 1,776円 / 月(税込)
  • 毎週 日・火曜日(祝祭日・年末年始を除く)