メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● get the violin out As far as Brett Kavanaugh, let me take out my little violin. 「Brett Kavanaughに関しては、あらあら、可哀そうにね」 〈解説〉 中絶賛成派が、ワシントンD.C.のモートンズ・ザ・ステーキハウスの外でデモを行い、そこで食事をしていた最高裁判事Brett Kavanaughが、裏口からこっそり店を出るという事態が発生。 Anaが以下のように言いました。 As far as Brett Kavanaugh, let me take out my little violin. take out my little violin と言っていますが、本来の表現は、 get the violin out 。 get the violin out 「バイオリンを出す」は、「あら、可哀そう~」と、わざと大げさに、からかい半分に言いながらバイオリンを出し、その人のために悲しい曲を弾いてあげるイメージです。 誰かがくだらない理由で悲しんだり、動揺している場合に、皮肉やユーモアを込めて言う表現。 つまり、「その人が自己憐憫に浸っていると思う」、「全然可哀そうと思わない」という意味になります。 Anaは続いて、その皮肉の理由を以下のように述べました。 As long as there’s no violence, as long as there’s no harassment, I think the freedom to protest your public officials, and they’re not elected officials, but they are public and government officials, is a sacred American right.

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)