メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● kangaroo court Trump released a 12-page statement yesterday, calling the investigation by the special committee a kangaroo court , smoke and mirrors show. 「トランプは昨日、12ページに及ぶ声明を発表し、特別委員会による捜査を茶番、ごまかしのショーと呼びました」 〈解説〉 トランプ元大統領が選挙は不正だったという「大きな嘘」を、どれだけ積極的に広めていたのかに焦点を当てた、Jan. 6 committee 「1月6日委員会」の公聴会。 その様子はテレビ放映され、多くのアメリカ人が注目しています。一方トランプ元大統領は、この公聴会が気に入らない様子。 全文がこれ↓ Trump released a 12-page statement yesterday, calling the investigation by the special committee a kangaroo court, smoke and mirrors show. kangaroo court とは、「いかさま裁判」。公正な法的手続きを装うために設けられた、偽りの法的手続き。必ず被告人に不利になるような判決が事前に決められている裁判のこと。 内容によっては、「つるし上げ」「茶番」と訳します。ここでは「公聴会」で「裁判」ではないので、「茶番」としました。 kangaroo court の語源ははっきりしなのですが、19世紀初頭、アメリカの辺境で巡回する裁判官の歴史的慣習にあるとする説があります。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)