メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0718.次の世界はどうなるのか?

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0718       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.6.6        ??? ******************************           次の世界はどうなるのか? _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ウクライナ戦争がどこまで続くのか、見えなくなってきた。ロシア 軍がセベロドネスクを掌握して、ルハンスク州全体の支配を確立し たが、ウ軍にも多連装ロケット砲などが供与されて、反撃に出ると いう。ロシアは戦略的には負けている。今後を検討する。                       津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、5月19日は31,253 ドルに下がり、27日は33,212ドルで、31日は222ドル安の32,990ドル 、6月1日は176ドル安の32,813ドル、2日は435ドル高の33,248ドル、 3日は348ドル安の32,899ドル。 5月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比39万人増と、予想の 32.5万人を上回り、失業率は3.6%と3ケ月連続で横ばい、平均時給( 前月比)も0.3%増と堅調な内容となり、FRBの9月には利上げを停止 するという期待が揺らいでいる。 また、原油価格もOPECプラスの追加増産発表でも、120ドル/バーレ ルと上昇している。原油が上昇すると、インフレは収まらない。 このことにより、3日は大幅安の展開になった。ブレナード副議長も

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日