メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0716.ウクライナ戦争の転換点

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0716       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.5.23        ??? ******************************          ウクライナ戦争の転換点 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ウクライナ戦争の転換点にきている。ウクライナ軍は反転攻勢に出 て、反対にロシア軍は防御になってきた。今後を検討する。                          津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、5月12日に31,730ド ルまで下がり、13日は32,196ドルで、16日は26ドル高の32,223ドル 、17日は431ドル高の32,654ドル、18日は1164ドル安の31,490ドル、 19日は236ドル安の31,253ドル、20日は8ドル安の31,261ドル。 18日に1164ドル安になる。小売りターゲットの決算で減益になり、 1日で25%も下落した。また、22年1四半期のGDPが-1.4%とマイナス になり、20年2Q以来のマイナスになったことも大きい。 インフレで、ミルク(1ガロン=約3.8リットル)が約25%値上がり し、ベーコンの小売価格は35%上昇した。4月消費者物価指数(CPI) の食品価格は前年同月比9.4%上昇と、1981年以来最大の上げとなっ た。この物価上昇が大変で、特に都市にいる低所得者の生活が苦し くなっている。民主党の基盤を形成する人たちの不満が大きくなっ ている。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日