メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0714.日本経済の立て直し

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0714       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.5.09        ??? ******************************           日本経済の立て直し _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 世界は分断して、それぞれの経済に分離することになる。その時、 日本がグローバルな国に変われば、大きなチャンスが訪れる。その 検討をする。          津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、3月8日は32,632ド ルまで下落したが、4月29日は32,977ドルで、5月2日は84ドル高の 33,061ドル、3日は67ドル高の33,128ドル、4日は932ドル高の34,061 ドル、5日は1063ドル安の32,997ドル、6日は98ドル安の32,899ドル。 5月4日FOMCで0.5%利上げと、6月から資産売却が始まり、495億ドル の資産を売る。会見でパウエル議長は、0.75%利上げを否定したこと で、株価は900ドル上昇、しかし次の5日には1000ドル下落とボラテ ィリティの高い相場になっている。 6日の雇用統計でも4月の雇用者数は42.8万人増と予想を上回り、失 業率は前月と同じ3.6%、平均時給は前月比0.3%増と強い数値にな り、米FRBの高インフレへの対応が一段と必要になる可能性が高まり そうと、株価は下落した。 もう1つ、FRBが金融引き締めになり、米国債を買う人がいないはず

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日