メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

vol.120:ディープフェイク技術の産業応用が始まっている。GANの活用で成長したバイトダンス

知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード
  • 2022/04/18
    • シェアする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 120 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ みなさん、こんにちは!ITジャーナリストの牧野武文です。 今回は、ディープフェイク(ディープシンセサイズ)技術についてご紹介します。 ディープフェイクについてはよく話題になるためご存知の方も多いかと思います。最近では、ウクライナのゼレンスキー大統領が国民に向けて降伏を訴えるフェイク映像がフェイスブックに投稿されて削除されるという事件が起きました。 このようなディープフェイク映像は、いたずら目的や悪意の下に使われているためディープフェイク(深層捏造)と呼ばれますが、技術そのものはAIを使ってリアルな映像を生成するというもので、ディープシンセサイズ(深層合成)と呼ばれるようになり始めています。 このディープシンセサイズ技術は、SFX(特殊効果)を多用してきた米国の映画界などで使われるようになっていますが、中国でも産業の応用が始まっています。 では、どのような分野での応用が始まっているのでしょうか。今回は、ディープシンセサイズ技術とはどんなものであるのかをご紹介し、どのような応用事例があるのかをご紹介します。 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 120 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼目次▼ ディープフェイク技術の産業応用が始まっている。GANの活用で成長したバイトダンス 小米物語その39 アリババ物語その39 今週の「中華IT最新事情」 Q&Aコーナー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日