メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

岩上安身のIWJ特報! 第552号 元外務省国際情報局長 孫崎享氏インタビュー・続編(その3)

岩上安身のIWJ特報!
  • 2022/03/31
    • シェアする
第552号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 岩上安身のIWJ特報! 「米国の方が現状変更」! 東の「台湾有事」危機と西の「ウクライナ有事」危機が同時に迫る!(続編) 岩上安身による元外務省国際情報局長 孫崎享氏インタビュー (その3) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (その2)の続き  2022年1月31日の岩上安身による孫崎享氏インタビューの最終号である。 ・元外務省国際情報局長 孫崎享氏(IWJ撮影) https://bit.ly/3qLBWEu  前号に続き、米国務省によるロシア批判に対して、ロシア外務省が反論した「 『米国務省のファクトシート 事実対フィクション:ウクライナに関するロシア の情報操作』に反論する」の内容を見ていく。  岩上安身は、米ロの論戦を紹介しながら、現地取材の経験を踏まえて、この地 域は、ロシアの入れ子人形「マトリョーシカ」のようだと指摘。巨大なロシア帝 国や旧ソ連の中に、15の民族構成国、さらにその内側に様々な民族の居住区や人 民共和国が存在し、歴史的経緯がもたらした非常に複雑な構造があるという。そ こでの揉め事の解決には複雑な手順が必要であり、それを無視して、単純に「侵 略、占領」と騒ぐのは乱暴すぎるというのである。  孫崎享氏は、自ら整理した「台湾問題」と「ウクライナ問題」を比較した表を 示して分析。米国は、ウクライナ東部独立の動きを「地域の国々の主権と領土の 完全性を損なう」と批判するにもかかわらず、台湾では中国からの独立を促して 「逆のことを言っている」と矛盾を指摘。岩上安身はクリミア問題も同様だと、
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 岩上安身のIWJ特報!
  • フリージャーナリスト・ネットメディアIWJ代表の岩上安身が、自身の取材活動、100以上(現在増殖中)のIWJチャンネルから得た、大手メディアが報じない情報をお伝えします。
  • 880円 / 月(税込)
  • 不定期