メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● wake up on the wrong side of the bed Joy, you woke up on the wrong side of the bed . 「Joy、寝起きが悪かったみたいね」 〈解説〉 臨床心理学者の Dr. Ramani Durvasula 博士は、ナルシスト的行動を専門としており、彼女が最近配信した新しいビデオで、自分の誕生日を祝うのはナルシストであると言っています。 We know that on any day of the week, narcissistic folks want a lot of validation . A birthday is a sort of guaranteed validation day. 「ナルシストな人々は、どんな日でも、多くの承認を求めていることが分かっています。誕生日は、ある種、保証された承認の日です」 folks は 「人々」、 validation は「検証」「確認」。 つまり、ナルシストにとって、誕生日は「承認欲求を確実に満たすことができる日」だということです。 Whoopi は毎年盛大にお祝いをするようですし、Joy 以外の co-host たちもパーティには大賛成。 ひとり、パーティなんてばかばかしいと切り捨てる Joy に対して、Sara が言った言葉がこれ。 Joy, you woke up on the wrong side of the bed. wake up on the wrong side of the bed の直訳は、「ベッドの間違った側で目を覚ます」ですが、「寝起きが悪い」「(朝から一日中)機嫌が悪い」という意味。 古代ローマ人は迷信深く、毎日を幸運に過ごせるように、いつもベッドの正しい側で起きるよう、とても気をつけていたそうです。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)