メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0708.戦争の時代へ

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0708       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.3.28         ??? ******************************          戦争の時代へ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ロシアはウクライナ侵攻後1ケ月で、中国の支援がないと戦争継続 もできない。ロシアが継戦をするなら、中国の支援があることにな る。その対応が次の焦点になる。その検討。    津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、3月8日は32,632ド ルまで下落したが、18日は34,754ドルで、21日は201ドル安の34,552 ドル、22日は254ドル高の34,807ドル、23日は448ドル安の34,358ド ル、24日は349ドル高の34,707ドル、25日は153ドル高の34,861ドル 3月8日が当面の底であり、株価は今週も上がった。ウクライナ戦争 は、ウクライナ側の優勢が続くが、ロシアとの停戦交渉は進展しな い。また、株価が上昇に転じたからか、FRB主要メンバーからは、次 回の利上げは0.5%になるとの発言が続く。シティGからは0.75%の利 上げもありうるという。また、サウジ石油施設へのドローン攻撃で 原油価格は120ドルになるなど、価格が安定しない。 このようなことで、消費者が数十年来の高インフレに直面する中、 消費者マインド指数は59.4と、前月の62.8から低下し、消費を控え ることで、景気は悪くなるようだ。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日