メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0706.キエフへのロシア遠征軍が窮地に

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0706       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.3.14         ??? ******************************        キエフへのロシア遠征軍が窮地に _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ロシアがウクライナに侵攻して、2週間以上がたち、南東部の侵攻 は順調で中部に拡大しているが、ベラルーシからキエフを目指した ロシア軍が、ドローン攻撃とウクライナ軍の善戦で、キエフ包囲の 侵攻が遅れている。前回に続き、この戦争と世界構図を検討しよう。                    津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、3月4日は33,614ド ルで、7日は797ドル安の32,817ドル、8日は184ドル安の32,632ドル 、9日は653ドル高の33,286ドル、10日は112ドル安の33,174ドル、11 日は229ドル安の32,944ドル。 3月9日だけ株価は上昇したが、これはUAEが増産することを表明し、 ベネズエラの原油輸出の経済制裁を米国が解き、イランとの核合意 が近いことで、原油価格が130ドルから103ドルまで下落したことで 、インフレへの懸念が和らいだことによる。 3月16日のFOMCでは、3月0.25%の利上げは確実であるが、その後の利 上げは見送る公算も出ている。しかし、2年国債金利と10年国債金利 が、どちらも2%弱の水準になり、イールドカーブがフラット化してい る。逆イールドになると、株価の暴落になると見られているので、そ

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日