メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く
● talk someone off the ledge Sara talked me off the ledge. 「サラが私をなだめてくれたの」 〈解説〉 弁護士の Sunny と、彼女の夫で医者のManny は、彼らのふたりの子どもには、弁護士か医者になって欲しいとは思っていたけれども、そうはならないようだと言っています。 おまけにハーバード大学で学ぶ息子は、最近、afro-beats dance「アフロビート・ダンス」を踊っているそうです。 Sunny が、Sara talked me off the ledge. と言って、次のように説明しました。 He’s at Harvard, I’m like paying 75 grand a year for him to do the afro-beats but I saw such a joy and I think we want our kids ultimately just happy. 「彼はハーバード大学生、私は彼にアフロビートをさせるために、年間7万5千ドルも払っているの。でも、本当に楽しそうな姿を見て、究極のところ、子どもたちにはただ単に幸せでいて欲しいって思ったのよね」 talk somebody off the ledge は、「困難な状況を経験した人の苦痛、心配、懸念を和らげる」「なだめる」「落ち着かせる」という意味。 ledge は「レッジ=壁や窓に装飾用につけられた細長い棚」のこと。 自殺をするために飛び降りようとしている人が on the ledge のところ、なだめて説得して off the ledge させるイメージですね。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • さくら子先生の『アメリカ人気テレビトーク番組から学ぶ英語表現!』
  • 米国のテレビで、現在放送中の人気トーク番組や討論番組などで扱う、政治、社会、エンターテーメントにわたるさまざまなトピック。それらのトピックに添って、パネリストやゲストが話す英語から「これは面白い!」「これは使える!」、あるいは「ぜひ知っておいて欲しい!」という表現を厳選し、オリジナルの例文などとともに、わかりやすく解説します。
  • 990円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)