メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0740.ウクライナ侵略戦争

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0704       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.2.28         ??? ******************************           ウクライナ侵略戦争 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ とうとう、ロシアがウクライナに侵攻した。ここからは、どう、ウ クライナ国民は、ゲリラ戦を戦うかで決まる。その検討。                        津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、2月18日は34,079ド ルで、22日は482ドル安の33,596ドル、23日は464ドル安の33,131ド ル、24日は92ドル高の33,223ドル、25日は834ドル高の34,058ドル。 ウクライナ侵攻の可能性がある時は、大幅な下げになり、侵攻が始 まると株価は大幅な上げになっている。侵攻が起きた時点では、石 油価格はバーレル当たり100ドルになっていたが、制裁処置からロシ アの天然ガスと石油の輸入停止がないことで、石油価格は91ドルま で下落している。制裁がぬるい様である。 戦争開始で、なぜ株価が大幅な上昇にしたかというと、戦争開始時 点の24日にF&Gインデックスは20まで下がり、底を打ったと見て、そ れを起点に買戻しが起きた。その起点の裏に、政府のPKOが入ったと 市場関係者は見ている。 それと、24日有事のドル買いが起き、10年国債金利は2%から1.85%ま

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日