メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0703.世界経済の分岐点

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0703       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.2.21         ??? ******************************           世界経済の分岐点 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 世の中の分岐点に差しかかっている。米国の力が落ち、かつ中露が 暴走している。グローバル経済からブロック経済になり、金利上昇 や分断経済で、景気も落ちてくることになる。その状況を検討しよ う。              津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、2月11日は34,738ド ルで、14日は171ドル安の34,566ドル、15日は422ドル高の34,988ド ル、16日は54ドル安の34,934ドル、17日は622ドル安の34,312ドル、 18日は232ドル安の34,079ドル。 1月催促相場の下落で、FRBは物価の番人ではなく、株価の番人であ ることが分かったが、7.5%の物価上昇で利上げを年央には金利を1% 程度にするべきと、ブラード総裁が発言して、株価は大きく落ちた。 その上に、ウクライナへロシア軍が侵攻するということで、その情 報で益々株価は落ちる展開になっている。15日は、ロシア軍の一部 が撤退開始という情報で大きく上がるという一幕もあったが。 16日以降、ロシアのウクライナ攻撃が近いとして、リスクオフにな ったのに、原油価格も下がることで、市場全体の方向がすべて下落

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日