メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0702.日本復活の条件

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0702       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.2.14         ??? ******************************            日本復活の条件 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 民主国と専制国の対立が明確化している。その状況は、日本復活に 良い条件を揃えることになりそう。その検討。 津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、2月4日は35,089ド ル、8日は1ドル高の35091ドル、8日は37ドル高の35462ドル、9日は 305ドル高の35768ドル、10日は526ドル安の35241ドル、11日は503ド ル安の34738ドル。 1月催促相場の下落で、FRBは物価の番人ではなく、株価の番人であ ることが分かった。利上げの回数は少なく、それも0.25%の利上げで 、金利上昇にならない資産縮小を中心に行う方向だと期待した。そ の資産縮小もMBS(住宅ローン債券)を先に売ることになる。これに より、住宅価格の上昇を止めると市場は予想した。 このことで、米国株は下げ止まり、NYダウは25日線の上になったが 、10日のCPI発表で一転し、11日にはウクライナ侵攻真近となる。 1月の消費者物価指数CPIは前年同月比7.5%上昇し、伸び率は1982年 2月以来、約40年ぶりの大きさになった。これを受け、連銀のブラー ド総裁は、タカ派姿勢を強め、7月までに1%の利上げが実施されるこ

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日