メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0700.株式資本主義の転換とは

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0700       ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???           2022.1.31         ??? ******************************          株式資本主義の転換とは _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 岸田首相は株式資本主義を変えるという。資本の論理ではないとい うことは、統制資本主義ということになる。その検討。 津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、21日は34,265ドル で、24日は99ドル高の34,364ドル、25日は66ドル安の34,297ドル、 26日は129ドル安の34,168ドル、27日は7ドル安の34,160ドル、28日 は564ドル高の34725ドル。 NYダウは、今週も下落方向であるが、1日の値幅が1000ドル以上にな る日が多いなど、ボラの大きい展開が続き、28日は始めは下げてい たが、500ドル以上の上昇になった。投資家は、この先に迷いがあり 、下げると買い、上がる売りと動揺が出ているが、FOMC後の一服感 からの買いで28日は上げた。 金利上昇に弱いグロース株中心のNASDAQは、最高値16212.23Pで、 28日は417P上げたが、今週末は13770Pまで下落した。現時点NASDAQ の指数は、ゴルディロックスの-3σ線上にある。 大きく下げたことで買い場と見るコロナ後参入した大衆投資家が、 28日終了真近に大量買いで急伸した。今はまだ、下落すると買いを

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日