メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

覚悟しろ。コロナ・インフレ・利上げ・株式市場悪化、そして新たな悪材料の登場

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
No.502 (2022年01月16日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 覚悟しろ。コロナ・インフレ・利上げ・株式市場悪化、そして新たな悪材料の登場 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - オミクロンがいよいよ日本でも爆発的流行を見せるようになってきて、再びマスコミが「感染者が拡大した、大変だ、大変だ、大変だ」と朝から晩まで報道するようになってきている。 オミクロンは感染力は強いのだが症状は軽いということで、感染者が増えてもそれほどパニックにならなければならないほど危険なものではない。そうであれば、少し気をつけて普通に日常生活を送ればいいだけの話だが、マスコミが大騒ぎする以上、不安と恐怖が増長されて、過剰な自粛なども起こり得る。 これは何を意味するのかというと、「実体経済は今年も成長できない」ということである。しかし、特に日本はマスコミの報道を鵜呑みにして引きこもる人間も多いので、なおさら経済の悪化が鮮明化する国となる。 生活保護受給者は増えているのだが、高齢者だけでなく普通の人が経済的に追い詰められていく兆候も報告されている。2022年のオミクロンによる騒動は、これを深刻化させる流れとなる。 ところで、経済的に追い込む人たちに追い打ちをかける現象が2022年には起こる。インフレ(物価上昇)だ。日本でもさまざまなモノの値段が上がっているのだが、これは日本だけではなく世界的に起こっている現象である。 アメリカでも物価上昇だけでなく賃金の上昇も見られているのだが、FRB(連邦準備制度)はここで急いで金融引き締めに動いており、近いうちの利上げも示唆している。多くの識者が指摘しているように、これは株式市場を悪化させる。 そして、昨日2022年1月15日。ここにさらなる悪材料が重なった……。「とんでもないこと」が、これから起ころうとしている。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日