メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

久々に賃上げが重みをもつ経済に

マンさんの経済あらかると
  • 2021/12/22
    • シェアする
久々に賃上げが重みをもつ経済に 「賃上げに追い風」  OECD(経済協力開発機構)のデータで、日本はこの30年間賃金が全く上がらない「異常な国」だとの印象を与えました。これが国民ばかりか、産業界、政治家にも大きなショックを与えたようです。安倍政権が提示した、大企業をもうけさせれば労働者におこぼれが回ってくる、という「トリクル・ダウン」の理論は破綻し、安倍政権自体が産業界に賃上げを求めてきました。  それでも賃金引き上げは限定的で、OECDのデータのような結果になってしまいました。この事実から、岸田政権は従来のアベノミクスとは一線を画した「新しい資本主義」を掲げ、その柱の1つに、賃上げを据えました。特にコロナ禍で大変な思いをした看護、介護、保育関係者の賃金は3%の引き上げを実現したいとしています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)