メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

国際戦略コラム有料版p0694.日本衰退を見越した環境整備

国際戦略コラム有料版
******************************  国際戦略コラム NO.p0694        ??? http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/ ???          2021.12.20        ??? ******************************         日本衰退を見越した環境整備 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 移民政策を打たないと、日本の衰退は決定的になる。その場合、ど のような準備をしておくべきかの検討をしよう。   津田より 0.米国および世界の状況 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、 2021年11月8日は36,432ドルの最高値更新で、12月10日は35,970ドル となり、13日は320ドル安の35,650ドル、14日は106ドル安の35,544 ドル、15日は383ドル高の35,927ドル、16日は29ドル安の35,897ドル 、17日は532ドル安の35,365ドル。 NYダウは、FOMCの結果を受けて大きく上昇した。テーパリングの加 速と利上げの前倒しは、企業の借入コストを上昇させるので、利益 が減り、株価には良くないことであるが、逆に上昇している。 この場合は、利上げでも景気は上昇するからとみて、株価は維持と なるはずが、長期金利が1.4%と1.6%から下がり、短期金利は0.7%へ 上昇している。ということで、債券市場は、景気が将来悪くなると みている。株式市場と債券市場の見方が逆になっている。 債券市場参加者はプロが多く、将来予測が確実であるが、株式市場 参加者は、ロビンフッドのような大衆投資家で、押し目には買いと いう楽観的な見方になっているので、違うことになっている。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 国際戦略コラム有料版
  • 国際的、国内的な動向をリアリスト(現実主義)の観点から、予測したり、評論したりする。読者の疑問点にもお答えする。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日