メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第669回 ワクチンはどこまで効いているのか?その実態、プレヤーレンの緊急警告

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 第669回 ワクチンはどこまで効いているのか?その実態、プレヤーレンの緊急警告 …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ▼今回の記事の要約 今回はメインテーマとして新型コロナウイルスのワクチンの効果に関する情報を紹介する。 いまイギリス、フランス、ドイツ、オランダ、オーストリアなどのヨーロッパ諸国では国民のワクチン接種率が70%近くに上ってるにもかかわらず感染は爆発的に拡大している。また、それに伴い死者数も増えている。 各国の政府はこれに対応するために、感染が拡大している地域のロックダウンやワクチンパスポートの提示を進めると同時に、重症化する感染者のほとんどはワクチンの未接種者だとしてワクチン接種を進めている。オーストリアではワクチン接種の義務化を決定したが、ドイツやオランダなどでもその動きが始まっている。 しかし、このような動きに対し、ワクチン接種に反対する市民は激しく抵抗している。オーストリア、ドイツ、オランダ、フランスなどでは抗議運動が警察部隊との暴力的な対立に発展している。政府がワクチンの強制接種を実施すると、反発はさらに強まることは間違いない。 こうした反発に背後にあるのは、ワクチンの効果への疑念である。新型コロナウイルスのワクチンには一定程度の副反応があることは知られているが、それだけではなく、ワクチンの効果そのものに対する疑念があり、それが強制接種への反発を強めている。 実際に調べて見ると、たしかに多くの国々でワクチンの効果を疑問視する数々のデータが発表されている。一般的には、ワクチンの未接種者は重症化して死亡するものの、ワクチンの接種者は感染しても軽症に止まると理解されている。だが、これに反して、ワクチン接種者の死亡率のほうが実は高いことを示すデータも方々の医療機関や科学者から出ている。こうしたことがワクチンの接種に反対する抵抗運動を拡大させる要因のひとつになっているようだ。今回の記事では、こうしたことを詳しく解説する。 最後に、ビリー・マイヤーの最新コンタクト記録から「プレヤーレン」のワクチンに対する緊急警告を紹介する。これは今年の11月16日に行われたものだ。内容はこれから起こる事態を予告したものになっている。ぜひ知っておくべき内容だ。 今回はこのような内容を詳しく解説する。 ▼拡大する抗議運動とワクチンの本当の効果 それでは早速今回のメインテーマを書く。ヨーロッパを中心に拡大するワクチン接種反対運動と、ワクチンの本当の効果についていだ。 幸い日本では、新型コロナウイルスの拡大は落ち着いている。8月後半の第5波のピーク時には一日2万5000人を越えていた感染者数も、いまは毎日50人前後まで大幅に下落した。感染者がゼロの地域も多くなっており、感染者が集中していた東京でも一桁台まで感染者が大幅に減少した。この状況の変化に対応するかのように、街も人出が多くなり、コロナ以前の2019年の頃の風景に戻ったような状態だ。 しかし、日本のこの状態は例外中の例外である。世界でも本当にまれな状況だ。他の国々では新たな感染爆発が始まっており、過去最悪のパンデミックのピークになりつつある。 特にヨーロッパの多くの国々では国民の70%近くがワクチン接種を完了しているにもかかわらず、新型コロナウイルスの再拡大が止まらない。感染者数は過去の波のピーク時を上回っており、2020年1月のパンデミックの開始時から、もっとも多くなっている。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
  • いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日