メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

ガソリン高対応が「蜂の一刺し」にも

マンさんの経済あらかると
  • 2021/11/22
    • シェアする
ガソリン高対応が「蜂の一刺し」にも 「バイデン政権の命運を左右」  米国では支持率低下に悩むバイデン政権がガソリン高の抑制に、本格的に動き始めました。米国ではガソリンは生活必需品で、これがインフレの象徴となっています。そしてインフレへの対処を間違えれば、背後でトランプ氏が「バイデンの失政」と勢いづきます。このまま対応を怠れば、来年秋の中間選挙で敗北するばかりか、次の大統領選でまたトランプ氏の登場を許します。  米国ではガソリン価格に対して国民の意識が敏感で、ガソリン高を放置すれば、政権が倒れかねない重大な要素になります。私がニューヨークに駐在していた1990年代前半は、1ガロン1ドルが許容限界で、1ドルを超えると国民の間からブーイングが起きました。ところが、今やガロン3ドル77などがみられ、4ドルに接近しています。  いくらインフレが進んだとはいえ、これは米国民にとって許しがたいレベルとなります。これを肌身に感じる大統領は、まず業界に介入、企業間価格は下がっているのに、ガソリンスタンドの価格上昇は価格操作ではないかと、独禁当局に調査を依頼しました。そして日本や中国などにも石油備蓄の放出も要請しています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)