メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第246号:クルマの未来は電気自動車だけでいいのか?

田中優の‘持続する志’(有料・活動支援版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 『 田中優の未来レポート 』 第246号/2021.10.30 http://www.mag2.com/m/0001363131.html ※ 有料メルマガにつき、全文の転送転載はご遠慮ください 一部転載は大歓迎です ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ クルマの未来は電気自動車だけでいいのか? 妻が子どもを連れてクルマで実家に出掛けてしまうと、岡山に残されたぼくにはクルマもなくなって、ついでに引っ込み思案な本性のせいで引き籠り状態になってしまう。そのことを気にしていた妻の要望に応じて、近場向けの軽自動車を買った。と言っても中古で、近場向けだから小さな車だ。燃費は今のクルマが良すぎて、どちらかというとこれまでのクルマを乗った方が経済的なほどなのだ。なにせ今乗っているクルマはマツダデミオのクリーンディーゼルで、普段からリッター当たり22kmも走るし、燃料は「軽油」だからガソリンより安い。電気自動車も考えたが、それを利用するには200ボルトの給電施設が必要になったりする。今はまだ高いので、給電のために高い設備を買う気にはならない。電気は自給でもなんとかなる状態だが、そのために電力会社とつないだり、200ボルトの給電設備を買う気にはならないのだ。 しかも燃料を電気にするだけで、そんなに環境に良いことが起こるとも思えない。それを示したマンガがあるので紹介してみよう(図1)。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 田中優の‘持続する志’(有料・活動支援版)
  • 環境活動家、田中優(たなかゆう)の有料・活動支援版メルマガです。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わり、日本で初めてのNPOバンクを作りました。経験と知識と綿密なデータを基に、独自の視点で生み出した社会の新しい仕組みづくりのヒントや国内外を取材したお話をご紹介します。頂いた購読料の一部を、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。 ★まぐまぐ大賞2017 専門情報部門にて【第1位】 ★まぐまぐ大賞2018 専門情報部門にて【第2位】 ★まぐまぐ大賞2019 専門情報部門にて【第3位】 を頂きました!
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 15日・30日