[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.519]日本相撲協会と横綱審議委員会は白鵬への差別扱いを止めろ

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.519 2021.10.11                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1120》 日本相撲協会と横綱審議委員会は白鵬への差別扱いを止 めろ/偏狭な外国人差別やヘイト攻撃がこの国を衰弱さ せる! 【2】《CONFAB No.519》 閑中忙話(10月3日~9日) 【3】《CLIPBOARD No.001》 岸田政権発足直後の世論調査/最初から1年前の菅政権 より支持されていないという不幸な出発 【4】《FLASH No.431》 岸田文雄が「宏池会」の看板を投げ捨てて手にした総理 総裁の座/日刊ゲンダイ10月7日付「永田町の裏を読 む」から転載 【5】《SHASINKAN No.451》付属写真館 ■■ INSIDER No.1120 2021/10/11 ■■■■■■■■■ 日本相撲協会と横綱審議委員会は白鵬への差別扱いを止 めろ/偏狭な外国人差別やヘイト攻撃がこの国を衰弱さ せる! ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  横綱白鵬が引退して年寄「間垣」を襲名するについ て、日本相撲協会が「大相撲の伝統文化や相撲道の精 神、協会の規則・ルール・マナー、相撲界の習わし・し きたりを守り、そこから逸脱した言動を行わないこと」 などとする異例の誓約書に署名することを強要したとい うニュースほど、近頃不愉快なものはない。  2位の大鵬を大きく上回る歴代最多の45度の優勝を果 たし、横綱として務めた14年間に899勝、それ以前か らの通算で1187勝を上げた「まさに不世出の横綱」(東 京新聞連載、1002「無双の横綱」)である。しかもその 14年間には、角界に八百長疑惑だ内紛だ何だとスキャン ダルが相次いで桟敷に閑古鳥が鳴くかと思われた時期も あり、そこを一人踏ん張って支えてくれたのが白鵬では なかったのか。特別表彰状でも授与して感謝を表すなら ともかく、「これに違反したら年寄資格も剥奪するから な」と脅迫するに等しい誓約書に署名させるなど、狂気 の沙汰である。  相撲は、寺社に奉納される古来からの「神事」であ り、ヤクザが仕切る江戸時代に隆盛した「見世物興行」 であり、また明治以降になると富国強兵策の一環として 推奨された青少年の健全なる「スポーツ」でもある。こ れはどう考えても折り合いがつかないアンビバレントな 3次元方程式で、さあて、相撲協会が言う「伝統文化や 相撲道の精神」とは具体的には何のことなのか。どうも それはとんでもなく崇高なるものであるらしいが、八角 理事長はじめ親方衆の一体誰がそれを忠実に体現してい るのか。 ●星野智幸の言説に共感する  「文壇随一の好角家」と形容される作家の星野智幸 は、「サンデー毎日」10月17日号で「ヘイトと戦った第 69代横綱・白鵬」を寄稿していて、私は深く共感する。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式