【142】北のミサイルをスルーする文在寅。どうする岸田新総理?-令和3年10月5日配信

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」
Vol.142 令和3年(2021)10月5日-配信 …………………………………………………………………………………………… (目次) 1.宮塚利雄と朝鮮半島(宮塚利雄物語) 131 仙台の牛タン焼きとタン塩の始まり 宮塚利雄 2.北朝鮮便り 有言実行で核・ミサイル開発に驀進する北朝鮮の脅威 宮塚利雄 3.【メルマガ読者先行情報】宮塚コリア研究所講演会について 4.編集後記 創立8周年記念チュッペ17の目次 …………………………………………………………………………………………… 1 宮塚利雄と朝鮮半島(宮塚利雄物語) 131 仙台の牛タン焼きとタン塩の始まり 宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄 戦後の焼肉史ではホルモン焼やもつ煮ばかりを取り上げてきたが、今や焼肉店 では高級メニューとなった「タン塩」と、これまた仙台名物となった「牛タン 焼」について述べる。先ず仙台名物の牛タン焼についてであるが、私は『日本 焼肉物語』(99年 太田出版)の中で「牛タン」について次のような説明を していた。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」
  • 元山梨学院大学教授の宮塚利雄が、甲府に立ち上げた宮塚コリア研究所から送るメールマガジンです。北朝鮮情勢を中心にアジア全般を含めた情勢分析を独特の切り口で披露します。また朝鮮半島と日本の関わりや話題についてもゼミ、そして雑感もふくめ展開していきます。テレビなどのメディアでは決して話せないマル秘情報もお届けします。長年の研究対象である焼肉やパチンコだけではなく、ディープな在日朝鮮・韓国社会についての見識や朝鮮総連と民団のイロハなどについても語ります。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 5日・20日