メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.126 <基本のメール作法>区切りの問題

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 基本のメール作法 】です。  適切な読点の入れ方について  1.読点とは  2.どこで区切るかで意味が変わる  3.言葉がどこにかかるかに注意  4.読点が不要な場合    など、事例とともに紹介します。。 ▼ 目安は20字以内に一つ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 読点がない文章は読みづらく、誤って打つと文章の意味自体が がらりと変わってしまいます。 時折、読者からも 「読点をどこで打っていいのか分からない時がある。  適切な打ち方を教えてほしい」という問い合わせがあります。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日