【第188号】マーケティングミックス(4P/4C)とは?:顧客起点で考える「売れる仕組みづくり」

金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
先週のできごと: おはようございます。金田です。 今回も当メルマガをご覧いただきありがとうございます! シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか? 私は夫婦で自然を満喫していました。仕事にだいぶ集中してきたので完全オフにしました笑 土日に気が抜けたのか体調を少し崩してしまいましたが、気持ちはだいぶリラックスできました。 その前に私は先々週の16日(木)と17日(金)の2日間で、 ある企業様のリーダーシップ研修の講師をしていました。 もちろん有給を2日取得して実施しています。 今回で5回目になるのですが、 今回のテーマはグローバル最先端の「部下を自発的に動かす3つの力」 具体的には、コーチング、ファシリテーション、タレントマネジメントを扱い、 グループワークをふんだんに入れながら、参加者も私もたくさんの体験談や対策を共有できました。 今後もこうした機会を通じた企業様のリーダーシップ育成に貢献していきたいと思います! 【第188号】マーケティングミックス(4P/4C)とは?:顧客起点で考える「売れる仕組みづくり」 ・ 顧客視点の重要性を再認識する ・売れる仕組みづくりに不可欠なフレームワークを知る ・マーケティングミックスの4Pと4Cを知る 前回までのメルマガでは、マーケティング戦略とはなんなのか、 そしてマーケティング戦略をどうやって考えるか、 その5つのステップについてお話しました。 その中で、フレームワークを紹介したのですが、 その中身までは詳しく説明できませんでしたので、 今回はマーケティングをより強化していく2つのフレームワークを解説していきます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
  • 2017年から4年連続でまぐまぐ大賞「キャリアアップ部門」受賞。40代現役経営者かつビジネス書著者(累計10冊)の人気メルマガ。著者はサイバーセキュリティ市場を牽引するゼットスケーラー社(NASDAQ: ZS)で日本・アジア全域を統括する代表取締役。 MBAは「ビジネス界の成功のパスポート」と呼ばれています。しかしMBAを勉強したくても「お金」と「時間」が膨大にかかり、ビジネススクールの多くが海外。意欲があっても学ぶ機会が作れない日本人がたくさんいます。 当メルマガはMBAの経営フレームワークを身につける機会がない勤勉な方に対して低コストで実践的に学習する環境を動画とテキストで提供します。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)