監視資本主義。今後は悪夢の社会になっていくが、悪夢に投資せざるを得ない現状

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
No.485 (2021年09月19日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 監視資本主義。今後は悪夢の社会になっていくが、悪夢に投資せざるを得ない現状 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ハーバード大学のショシャナ・ズボフ氏は、現代の社会がどのような資本主義なのかというのを一言で表した。 「現代は、監視資本主義である」 これが彼女の見解である。私もこれに同意する。この監視資本主義というのは、何を意味しているのか。簡単に言えば「企業が私たちの個人情報を収集して金儲けにつなげる」というのが監視資本主義の骨子である。 私たちは、何の疑いもなくGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のサービスを受け入れているのだが、彼らのサービスは私たちの個人情報の深い部分まで関わっている。 彼らは私たちの「住所・氏名・生年月日・出身・学歴・職歴・思考・趣味・嗜好・関心・興味・行動・病気・心理状態・人間関係・金融資産・仕事データ・プライベート写真……」のすべてを把握することになる。私たちはGAFAの前では丸裸も同然なのだ。 その結果、何が起こるのか。 彼らは私たちが「何が好きなのか」を知っているので、私たちにどんどん好きなものを買わせることができるようになる。「こういうのが好きなんでしょう?」と広告を出してきて、私たちの無意識に訴えて買わせる。 私たちは自分の意志で何かを買ったと思っているのだが、もしかしたら私たちの趣味趣向を知っているGAFAという支配者に「うまいこと操られて買わされている」のかもしれない。 実は、それだけではない。ショシャナ・ズボフ氏は監視資本主義によって、さらに別の事態が起こっていることも示唆している。実のところ、私はそちらも恐ろしいと感じたのだが、それは......
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式