第13回 マルとサンカクは同じ図形?

前田安正の「マジ文アカデミー」
「杳」はヨウと読み、「くらい、はるか」という意味があります。「杲」はコウと読み、「あかるい、あきらか、たかい」という意味です。「杳」と「杲」は、ともに「木」と「日」でできています。構成要素がまったく同じなのに、意味は逆です。 「杳」は木の下に日がある状態、つまり日の出前や日没後の暗い様子 「杲」は木の上に日がある状態、つまり太陽が昇って煌々と輝いている様子 を表しているのです。「木」と「日」の位置関係で、できた対照的な漢字ということになります。 「東」という漢字を「木」と「日」の位置関係で捉えると、昇りつつある太陽が木の途中に差し掛かった様子を描いたように見えます。西暦100年、中国・後漢時代の学者・許慎がつくったと言われる「説文解字」という字書の解釈のひとつにも、記されています。 「木」と「日」というこれ以上、分解できない漢字を組み合わせて新しい意味を持たせた漢字を会意と言います。説文解字にも「東」は会意とされています。 ところが、これは字源としては間違いなのです。実は、「東」は両端を縛った袋の形からできた漢字というのが、今の定説です。 中国では日の出る方向を「トウ」と呼んでいたのです。これと同音の「東」という漢字を当てたというのです。音が同じ字を借りて、それが定着した漢字を仮借と言います。 「豆」という字は、もともと高坏(たかつき)という脚の長い器を指す字でした。「豆」をじっと見ていると、ソラマメの形に見えてくる?のですが、そうではないのです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 前田安正の「マジ文アカデミー」
  • これからは「自らがメディアになる時代」です。就活・ビジネスなど、さまざまな場面で自己発信力が求められています。ところが、情報の受け手を意識して自らを表現することは、そう簡単ではありません。 『マジ文章書けないんだけど』(21年4月現在9.4万部/大和書房)の著者が、「自らがメディアになる」ための文章作法と「ことば」の可能性についてお伝えします。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎月 5日・15日・25日(年末年始を除く)
  • HTML形式