メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

米国景気急減速の裏側

マンさんの経済あらかると
  • 2021/09/06
    • シェアする
米国景気急減速の裏側 「7-9月のGDP急減速」  ここまで一人絶好調で世界経済をけん引してきた米国経済。今年のGDPは1-3月が年率6.3%、4-6が同6.5%成長と好調で、コロナ前の水準を回復しました。IMF(国際通貨基金)、OECD(経済協力開発機構)など国際機関はいずれも今年の米国経済を7%成長と予想しています。ところが、その米国経済に夏場以降、急ブレーキがかかりました。  予測精度の高さで定評のあるアトランタ連銀の短期GDP予測「GDPナウ」は、9月2日までのデータをもとに、7-9月の米国GDPを年率3.7%成長と予想しています。ここまで米国の高成長をけん引してきた個人消費が、7-9月は年率1.9%に急減速することが、全体の成長減速に大きく寄与しています。  新型コロナのデルタ株が主流になってまた感染が拡大し、これがサービスなどでの個人消費や企業活動を制約し始めた、との見方もありますが、まだ感染防止のための規制が強まったわけではありません。むしろこの秋からのメトロポリタン・オペラは観客制限なしに上演されるようになりました。その中での景気減速には、需要以外の力が作用している可能性があります。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)