メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.122 <基本のメール作法>節度あるメール対応とは?

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 基本のメール作法 】です。 メールで人を不快にさせないために気をつけたい5つのポイントに着目。 切なメール対応について解説します。  1.広めない勇気  2.憶測で書かない  3.あいまいにしない  4.感情で判断しない  5.決めつけない   ────────────────────────────────── < 節度あるメール対応とは? > 1. 広めない勇気 ────────────────────────────────── 陰口やうわさ話。人から人へ伝わっていくうちに尾ひれがつき、 とんでもないことに。 ▼ やり過して加担しない  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 話すだけではこと足りず、わざわざメールで広げる人がいます。 ですが、 「ここだけの話」「あなただから教えるんだけど」のつもりでも、 誰に見られているか分からないのがメール。しかも、残ります。 陰口やうわさの類は書かないのが賢明。 誤解やトラブルのもとです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日