【第185号】Whyから始める21世紀型経営:世界中で注目される「パーパス型経営」

金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
MBAは「ビジネス界の成功のパスポート」と呼ばれています。しかしMBAを勉強したくても「お金」と「時間」が膨大にかかり、ビジネススクールの多くが海外。意欲があっても学ぶ機会が作れない日本人がたくさんいます。 そこで、当メルマガはMBAの経営フレームワークを身につける機会がない勤勉な方に対して低コストで実践的に学習する環境を「動画」と「テキスト」で提供します。 当メルマガとまぐまぐ!ライブ配信では、4ヶ月サイクルで年間スケジュールを組んで配信しています。毎回、メルマガの最後に「次回テーマの予告ダイジェスト動画」もお送りしています。 ・経営戦略(8月、12月、4月) ・マーケティング/営業(9月、1月、5月) ・組織/リーダーシップ(10月、2月、6月) ・アカウンティング(11月、3月、7月) 当メルマガでご案内する「金田博之公式LINEアカウント」でメルマガや各種セミナーのご意見やご質問をお受けしています。 先週のできごと: おはようございます。金田です。 今回も当メルマガをご覧いただきありがとうございます! 昨日は7年間継続してきた金田サロンの最終回。 毎月毎月開催してきました。単純計算でも80回はやってました。それだけ自分自身の経験を還元し、参加者のみんなと一緒に成長してこれたと思います。 目の前の人たちの成長を応援してきたい想い一本で続けてきました。最後の懇親会が終わって感じましたが、7年前の当初と今でその想いは変わらず一貫できたので自分の中ではやり切った気持ちでいっぱいです。 この間、応援してくれたたくさんの人たち、そして7年間運営を一緒にやってきた杉本正寛さんに心から感謝しています。 9月からは心機一転、新しいテーマで、しかし想いは変わらずここから再び目の前の人たちの成長を応援してきたいです。 To be continued… https://youtu.be/Vfl38o0uvwI 【第185号】Whyから始める21世紀型経営:世界中で注目される「パーパス型経営」 目的: ・ 「WHY」「HOW」「WHAT」のゴールデンサークル理論を知る ・「ミッション」「バリュー」「ビジョン」の違いを理解する ・「パーパス(目的)」を起点に戦略視点を持てるようになる 皆さんはパーパス型経営という言葉はご存知でしょうか? 最近注目されている経営の考え方で、”Purpose”、つまり目的を根幹に置いた経営戦略のことです。 20世紀までは株主変調型経営といって、経営の方針は株主の意見に偏っていました。 そこから時代が進むにつれて、「このビジネスのパーパスはなんなのか?そこに答えがあるのではないか」と考えられるようになり、現在注目されています。 今回のメルマガでは、以下の3点をゴールとしてこの「パーパス型経営」の考え方について解説していきます。 一流、二流、三流はここが違う! 【三流】明確な根拠なくやるべきことに愚直に取り組む(WHAT視点) 【二流】明確なビジョンを持ち論理的に仕事で成果を発揮する(WHAT→HOW視点) 【一流】存在意義から直感に訴えかけ、その上で論理的な戦略と実行に落とし込む(WHY視点)
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
  • 2017年から4年連続でまぐまぐ大賞「キャリアアップ部門」受賞。40代現役経営者かつビジネス書著者(累計10冊)の人気メルマガ。著者はサイバーセキュリティ市場を牽引するゼットスケーラー社(NASDAQ: ZS)で日本・アジア全域を統括する代表取締役。 MBAは「ビジネス界の成功のパスポート」と呼ばれています。しかしMBAを勉強したくても「お金」と「時間」が膨大にかかり、ビジネススクールの多くが海外。意欲があっても学ぶ機会が作れない日本人がたくさんいます。 当メルマガはMBAの経営フレームワークを身につける機会がない勤勉な方に対して低コストで実践的に学習する環境を動画とテキストで提供します。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)