[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.512]アフガン戦争を上手に終わらせることもできない米国のお粗末

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.512 2021.8.23                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【1】《INSIDER No.1113》 アフガン戦争を上手に終わらせることもできない米国の お粗末/その背景には米国社会のクレージー体質の根深 さがある   【2】《CONFAB No.512》 閑中忙話(8月15日~21日) 【3】《FLASH No.424》 菅首相の思考の最大特徴は「希望的観測」という認知バ イアス/日刊ゲンダイ8月19日付「永田町の裏を読む」 から転載 ★付属写真館はお休みです。 ■■ INSIDER No.1113 2021/08/23 ■■■■■■■■■ アフガン戦争を上手に終わらせることもできない米国の お粗末/その背景には米国社会のクレージー体質の根深 さがある ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  バイデン米大統領は8月18日、米ABCニュースのイン タビューで、8月末としていたアフガニスタン駐留米軍 の撤収期限を延長する可能性を示唆した。アフガンに滞 在する米国民全員を退避させるには「1日に5000~7000 人を輸送しなければならない」と説明した。  1日に5000人として8月19日から月末までの12日間に 計6万人、1日に7000人として8万4000人の「米国民」 が救出を待っているというのは本当なのか。そうだとす れば、その人たちの安全を確保した上での退避計画を立 てていなかったというのはビックリ仰天だし、それ以上 に、米国民以外のアフガン人の対米協力者ーー米軍軍 属、通訳、大使館スタッフ、米系メディアのスタッフ、 運転手等々の恐らく数万~数十万人がタリバンによって 報復を受ける危険性についてほとんど何も考えていなか ったというのは、信じられない程の間抜けさである。  どうしてこんなことになるのか米情報中枢に近い筋に 当たると、「お恥ずかしいとしか言いようがない。米政 府も現地機関も、米軍が撤退を開始しても、アフガン政 府と軍が少なくとも数カ月は踏ん張って、同政府とタリ バンの間で和解政権を作る協議が始まるものと信じてい た。ところが、アフガン政府のガニ大統領はたちまち夜 逃げしてしまい、米国が多額を注いだ同国軍もアッとい う間に消滅した。すべてが想定外」と自らの見通しの余 りの甘さに呆然としている有様なのである。  ベトナム戦争の終末では、米軍兵士、大使館員等々を 退避させた後、13万人と言われたベトナム人対米協力者 の救出を行なった。が、それでも米国は責任を果たした とは言えず、その後「ボートピープル」という形で100 万人を超えるベトナム人が命がけで祖国を脱出してその 8割は米国に亡命したのだった。軽度認知障害にあるバ イデンがこのようなベトナム戦争終結の際の「撤退」の 難しさを知らなかったのは仕方がないとして、国務・国 防両省やCIAが全くの役立たずだったのは一体どうした ことなのか。  「戦争国家」アメリカが、戦争を始めることはできて も止めることができず、すべてを放ったらかして逃げ出 す無様な姿を晒しているのである。 ●米国は正気を取り戻さないと  どうしてこんなことになるのか。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式