vol.086:広がるサードパーティー製インプットメソッド(漢字入力)。人気の理由は音声入力とAI機能

知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード
  • 2021/08/23
    • シェアする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 086 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ みなさん、こんにちは!ITジャーナリストの牧野武文です。 今回は、中国のインプットメソッドについてご紹介します。 インプットメソッドというのは、PCやスマホのかな漢字変換のことです。英語圏では必要とされませんが、日本や中国などのいわゆる2バイト文字圏では必須となる機能です。 多くの人が、プリインストールされているインプットメソッドを使っていますが、中国ではわざわざサードパーティー製のインプットメソッドをインストールして使う人が増えています。 その理由になっているのが、音声入力機能とAI機能です。中国は音声入力に親和性があり、音声アシスタントも普及をしていますし、音声入力を使う人も若い世代を中心に増えています。その方が速く、楽に入力できると感じているようです。 また、AIを利用して、機械学習をすることで認識精度、変換精度をあげる工夫も行われています。また、宅配便などでは、在宅確認の電話にAIが電話をかけ、人間の回答を認識し、集計するということが行われるようになっています。 現在の中国の音声認識はどの程度進んでいるのかをご紹介します。 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 086 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼目次▼ 広がるサードパーティー製インプットメソッド(漢字入力)。人気の理由は音声入力とAI機能 小米物語その4 アリババ物語その4 今週の「中華IT最新事情」 Q&Aコーナー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日