[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.511]米バイデン政権の“命取り”になるか? アフガニスタン撤退

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.511 2021.8.16                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【1】《INSIDER No.1112》 米バイデン政権の“命取り”になるか? アフガニスタ ン撤退/コロナ禍再燃、議会工作不調、プラス認知症疑 惑も…… 【2】《CONFAB No.511》閑中忙話(8月8日~14日) 【3】《FLASH No.423》 大手主要各紙は「メダル最多」と大ハシャギだが…能天 気に喜んではいられない/日刊ゲンダイ7月29日付「永 田町の裏を読む」から転載 【4】《SHASIN No.446》付属写真館 ■■ INSIDER No.1112 2021/08/16 ■■■■■■■■■ 米バイデン政権の“命取り”になるか? アフガニスタ ン撤退/コロナ禍再燃/議会工作不調/プラス認知症疑 惑も…… ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  米政府は8月12日に、アフガニスタンの首都カブール に3000人の海兵隊を派遣し、以前から駐留している650 人の兵員と合わせて今月末までの米大使館職員らの撤収 の安全確保に当たらせることにした。が、その2日後の 14日にはさらに1000人を追加投入すると発表。イスラム 原理主義武装集団=タリバンが12日から13日にかけ、同 国第3の都市ヘラートと第2の都市カンダハルを陥落さ せ、たちまち首都に迫る勢いであることに慌てふためい た措置である。  大使館員には、機密書類や星条旗を焼却せよとの指示 も出ているというから、46年前の4月30日のベトナム戦 争終結の日、サイゴン(現ホーチミン)市の米大使館か ら兵隊も職員も逃げ遅れた民間人や対米協力者だったベ トナム人も、我先にと軍用ヘリにしがみついて脱出した 時と同様のパニック状態が始まっていると見て差し支え ない。  それで最後まで残留した米国人の命は損なわれずに済 むかもしれないが、そうやって米国が何もかも放ったら かしにして出て行った後のアフガニスタンは、2001年10 月7日の米軍による侵攻開始以前と同様のタリバンの天 下に戻るだけのことで、それによってアフガン国民の安 全、周辺地域の安定、国際的なテロとの戦いの前進の上 で何が起こるか分からない。  いいことが起きる兆候は何もなく、それどころか、昔 と同じく全土の9割を支配するパシュトゥン族のタリバ ン、米国の傀儡であるガニ大統領の貧弱な政府と軍隊、 反タリバンの北部同盟など他の軍閥ーーの3者対立構図 が何も変わらないままでは、たちまちタリバンがカブー ルを制圧して政府が崩壊し、北部同盟などが地方で抵抗 を続けるという姿になることは目に見えている。とする と、「20年の年月、1兆ドルの戦費、2万3170人の米兵 死傷者を費やした戦争を終わらせた」ことを来年の米中 間選挙に向けてレガシーとして宣伝したかったバイデン の打算は、とんでもなく甘いものだったということにな る。 ●トランプが達成したドーハ合意  アフガニスタン戦争の終結を模索したのはオバマ元大 統領だが、具体的に取り組んだのはトランプ前大統領だ った。米国務省とタリバンとの紆余曲折を経た折衝の 末、2020年2月29日にカタールの首都ドーハで和平合意 の署名が行われた。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式