メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

第176回 分散型取引所とブッロクチェーン その2

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 第176回 分散型取引所とブッロクチェーン その2  …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ▼今回の記事 まず今回もいつものように、ビットコインを中心とした仮想通貨の動きを紹介する。次にメインテーマとして、「分散型取引所」の分野で注目されているプロジェクトを一挙に紹介する。 ▼ビットコインの動き それでは最初のテーマを書く。ビットコインを中心とした仮想通貨の動きだ。いまビットコインは500万円の水準を目指して上昇し、またイーサリアムも30万円台の王台を突破した。ビットコインなどの仮想通貨の相場は好調な動きが続いている。年内にはビットコインは、これまでの最高値である700万円台を突破する可能性が高いとする予測も多くなっている。 ●フランス初のビットコインETFの販売 相場の上昇を後押しする動きのひとつが、フランスの投資銀行によるビットコインのETFの販売開始である。ちなみにETFとは上場投資信託のことで、優良な株式の他、ゴールドなどの現物も組み込むことができる投資信託である。これは一般の株式市場で売買することができる。これにビットコインを組み入れたものが、フランスで販売されることになったのだ。すでにブラジル、カナダ、スイス、ドイツでは販売されている。これがフランスでも販売されることになったのだ。 販売するのは、フランスの資産運用会社、「メラニオン・キャピタル(Melanion Capital)だ。EUには仮想通貨の取引に関する厳しい規制が存在しているが、これに準拠したビットコインを含むバスケット型ETFを販売する。 このETFは、ビットコインの相場と最大90%連動する。さらに、ビットコインのみならず、仮想通貨のマイニングやブロックチェーン関連株を最大で30銘柄をETFのポートフォリオに組み込むとしている。 一方これは、フランスの規制当局に承認されたもので、「譲渡可能証券の集団投資事業(Ucits)」というファンド基準に準拠する。これは、EUやアジア、ラテンアメリカでも利用されるファンド組成に関する規制基準である。汎用性は高いが、多くの規制者はこの基準を適用すると、ファンドを通してビットコインなどの仮想通貨を保有することができにくいのではないかという指摘もある。 しかしながら、こうした規制に準拠したとしても、ファンドの人気が出るとビットコインの需要は大きくなるので、ビットコインの相場は上昇するはずだとする見方も強い。 ●「米証券取引委員会(SEC)」の発言 ビットコインを組み込んだETFの販売は、これからも主要国で許可されると思われる。ETFという形式で実質的にビットコインが株式市場で買えるようになるので、ビットコインの相場が上昇することは間違いない。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン
  • 昨年から今年にかけて仮想通貨の高騰に私たちは熱狂しました。しかしいま、各国の規制の強化が背景となり、仮想通貨の相場は下落しています。仮想通貨の将来性に否定的な意見が多くなっています。しかしいま、ブロックチェーンのテクノロジーを基礎にした第四次産業革命が起こりつつあります。こうした支店から仮想通貨を見ると、これから有望なコインが見えてきます。毎月、ブロックチェーンが適用される分野を毎回紹介します。
  • 1,100円 / 月(税込)
  • 毎週 火曜日