☆セクシー心理学GOLD 第677曲~マインドフルネス・アラーム☆

★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  セクシー心理学GOLD   2021-08-06  第677曲          マインドフルネス・アラーム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ こんにちは。ゆうきゆうです! みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今夜は前回の話のさらなる続きです。 ◆ とても重要、マインドフルネス! さて前回、こんな話をしました。 ○ 人間の疲労は「肉体の疲労」と「脳の疲労」に分けられる。 ○ そして「脳の疲労」は「ネガティブなできごと」と「マルチタスク」の二 つに分けられる。 ○ 人間の脳を何より疲れさせるのはマルチタスク。その逆のシングルタスク を目指すべき。 ○ そしてそのために、今の自分について明確に意識する「マインドフルネス」 を常に頭に置き、今の行動を全力で感じて味わうこと。 今回は、そのマインドフルネスについて、さらに掘り下げていきましょう。 ◆ マンガこそがマインドフルネス? 実際に、 「マインドフルネス、マインドフルネスって言うけど、具体的にどんなのか、 やはりまだイメージがつかない…」 「かえってそんなことを考えるのは、ややこしいのでは…!」 なんて意見も出るかもしれません。 そんな時は「マンガ」を思いだしてみてください。 実はマンガの世界というのは、常に主人公にとって「マインドフルネス」です。 たとえばスポーツ漫画などを考えてみましょう。 「うっ! 俺の魔球が打たれた! どうする!?」 「くっ…! あの構えは…! あいつ、あの技を出すつもりだ…!」 「よしっ! その手で来るなら、こっちは…!」 などのように、主人公は基本的に常に、そのときの状況に集中しています。 これが 「あ~…。俺の球が打たれた…。それよりも昨日食べたご飯、もっとオカズが 多かったら良かったな~」 などのような描写だったら、誰もがその作品を読もうとは思わないはずです。 もちろん「ボヤッとしている主人公の描写」とかであれば、そういうシーンも 存在するかもしれません。 ただ最終的に、見せ場のシーンでは、全力でそこに集中するはずです。 最初から最後まで関係ないことを考え、どうでもいいことを描写するマンガを、 自分は知りません(ごく一部のギャグマンガなど以外)。 これは、どんなジャンルのマンガでも同じです。 恋愛マンガなら、ヒロインを見て 「うわっ! かわいい! こんなコと付き合えたらな…!」 ビジネスマンガなら 「あの株が暴落!? このままじゃウチの会社が…!」 などのように、すべての主人公が、そのときの状況にたいして「全力」で立ち 向かい、「全力」で描写します。 そしてこれは、すべてが「マインドフルネス」になっています。 もちろんマンガだけでなく、文学や小説、映画やドラマなど、すべてがそれに 通じます。 そう考えると、多くの人がそれらの作品を読みたがるのは、それを通じて「マ インドフルネスの世界」に浸ることを求めているのかもしれません。 そしてその世界に浸ってしまうと、誰もが時間を忘れて楽しむことができます。 すなわち 「マインドフルネス=楽しみ」 であり、 「マインドフルネスの状態である限り、いくら時間が経っても疲労をほぼ感じ ない」 ということになるわけです。 実際、仕事でも勉強でも、深く夢中になっていると、疲れることはほとんどな いはずです。 いずれにせよ、「マインドフルネスについてイメージが湧きにくい」 という方は 「自分がこの世界に存在するマンガの主人公になった」 と考えてみてもいいかもしれません。 重ねてそれらの作品が楽しいのは、主人公が「マインドフルネス状態」だから です。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • ★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
  • 読むのはたった1号で構いません。 人間心理を裸にして、あやつる技術を、精神科医がお教えします。「伝説の美女・小野小町の使っていた心理技術」「人間を声だけで見抜く方法」「バレないウソをつく方法」などなど、読んでいるだけで楽しめるトピックが満載。一度でいいので、のぞいてみてくださいね。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第3水曜日(年末年始を除く)