神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.118 <基本のメール作法>メールか手紙か

仕事のメール心得帖
今週のテーマは【 基本のメール作法 】です。 メールと手紙の使い分けについて  1.入社したい会社へのアプローチ  2.名刺交換、その後に  3.ひと言の効用  4.得るものと失うものを知る などの切り口から考察します。 ─────────────────────────────────── < メールか手紙か > 1. 入社したい会社へのアプローチ ─────────────────────────────────── 読者のかたからこんな相談をいただきました。 入社したい地元企業があるが 「あなたの会社で働かせてください」という主旨のメールを 直接社長に送る場合、どんな点に注意して書けばよいでしょうか?  というものでした。 ▼ 印象に残る方法を考えると…  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 真っ先に私は、 「この場合、メールではなく手紙の方が得策です」 とお伝えしました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式