メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

Q. クラウドソーシング・スキルシェアの上場4社で取扱高成長率が最も高いのは?

決算が読めるようになるノート
A. ビザスクの取扱高成長率はYoY+88.4%で一番高い。続いて、ココナラがYoY+56.9%。 一方で、クラウドワークスの取扱高は四半期で38.6億円と、圧倒的な存在になっている。 この記事はゆべしさんとの共同制作です。 本日は、クラウドソーシング・スキルシェア市場の主要プレーヤーであるクラウドワークス、ランサーズ、ビザスク、ココナラに注目して、各社の規模感や特徴、戦略を整理します。 クラウドソーシングやスキルシェアは、企業を中心としたクライアントが、オンライン上で受注者とつながり、仕事を依頼したりスキルを提供してもらう仕組みです。受注者は、時間や場所に左右されないことから、フリーランスの方や副業の方が多くなっています。 また、政府による副業推奨の方針を受けて、多くの企業で副業や兼業が解禁され始め、2021年のフリーランスの経済規模は、昨年より約10兆円増の28.15兆円と活況を呈しており、クラウドソーシングやスキルシェア市場は今後も大きな成長が期待されています。 出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2021 そのような活況な市場において、一見類似したビジネスモデルを展開する各社には、どのような違いがあるのでしょうか。今回の記事では、記事の前半で各社の決算情報やKPIを整理し、後半では、各社の業績やKPIを比較して、各社の特徴や戦略を考察していきます。 クラウドワークスの決算 株式会社クラウドワークス 2021年9月期 第2四半期決算説明資料(2021年5月14日)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度