私と共に【VTI】を買い続けた人はみんな勝ち組だが、これからはどうなのか?

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
No.477 (2021年07月25日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 私と共に【VTI】を買い続けた人はみんな勝ち組だが、これからはどうなのか? - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2020年から一心不乱にETF【VTI】を買っていた人たちは、今年は大いなる勝ち組に入っているはずだ。私は【VTI】をずっと買い続けてきたが、私と共に【VTI】を買い続け、資産が増えた方には心から喜びを共有したい。 もっとも、私は2021年には【VTI】が40%から100%の間で増加するに違いないとか予測していたわけではない。 世界最強の株式市場はアメリカにあって、世界最強の企業はアメリカ市場に上場していて、アメリカを揺るがす存在は他に見当たらないのだから、それならアメリカの株式市場を丸ごと網羅した【VTI】を買っておけば「いつか上がる」と推測していただけである。 これまで2020年4月から現在まで【VTI】の動きは順調であったが、必ずしもそれは約束されていたわけではない。もっと波瀾万丈な動きをしていたかもしれないし、停滞を余儀なくされたシナリオもあった。 たまたま一本調子の右肩上がりの動きになったが......
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式