メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

Q. 急進する不動産DX、今後の成長戦略の3つの方向性とは?

決算が読めるようになるノート
ヒント:今後の成長戦略は、各社の強みに関連しています。 この記事はゆべしさんとの共同制作です。 コロナの影響もあり、多くの業界で急速にDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進んでいます。それは、アナログな業界と言われる不動産業界も例外ではありません。 不動産業界は金融業界と同じく規制産業のため、不動産を購入する際は、紙やハンコを用いた非常に煩雑な手続きが未だに行われています。しかし、最近では規制緩和の動きが進み、デジタル化やオンライン化が期待されるようになりました。 また、不動産業界の市場規模は非常に大きく、不動産中古売買市場は16.9兆円と言われており、そのような巨大市場をターゲットとする「不動産DX」は非常に注目されています。 今回は、そんな注目の不動産DXの主要プレーヤーに焦点を当て、記事の前半では、不動産業界の市場動向や決算内容を整理して各社の成長要因を分析し、後半では、今後の各社の成長戦略を見ていきます。 不動産マーケットのデジタル化の余地 株式会社ツクルバ 2021年7月期第3四半期決算説明資料(2021年6月14日) 株式会社Speee 2021年9月期第2四半期決算説明資料(2021年5月14日) 株式会社GA Technologies 2021年10月期第2四半期決算説明資料(2021年6月14日) SRE Holdings株式会社 2021年3月期決算説明資料(2021年5月14日)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度