[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.507]今更ですが「マスク」についてもう一度/西村秀一医師の話に耳を傾けよう!

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.507 2021.7.19                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1108》 今更ですが「マスク」についてもう一度/西村秀一医師 の話に耳を傾けよう!   【2】《CONFAB No.507》    閑中忙話(7月11日~17日) 【3】《FLASH No.419》    海上自衛隊OBが論文を発表 自衛隊サイドから出    てきた「沖縄の海兵隊無用論」/日刊ゲンダイ    7月15日付「永田町の裏を読む」から転載 【4】《SHASIN No.443》付属写真館 ■■ INSIDER No.1108 2021/07/19 ■■■■■■■■■ 今更ですが「マスク」についてもう一度/西村秀一医師 の話に耳を傾けよう! ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  IOCのバッハ会長が着けているマスクは、「N95」クラ スの医療用の高性能マスクのようだが、これは感染リス クが極めて高い医療現場で医師や看護師などが用いるも ので、息苦しくて長時間にわたり用いることは難しい。 患者や一般人には、医療用のサージカルマスクや普通の 不織布マスクがむしろ適している。バッハがN95を着け ているのは、自分は最高級のものを選ぶのだという見栄 のためかもしれないが、意味のないことではある。 ●布やウレタンはダメ  西村秀一=国立仙台医療センター・ウイルスセンター 長は、米CDCや日本の感染症研究所で研究に従事した 後、2000年から現職にあるインフルエンザはじめ呼吸器 系ウイルス感染症対策の第一人者で、マスクについて 「これが意外に奥深い。何が良くて何がいけないのか、 正しい知識を持って、ぜひマスクの達人になるように」 と語っている(『もうだまされない 新型コロナの大誤 解』〔幻冬社、21年6月刊〕)。  彼が行った実験によると、素材ごとの飛沫防止効果の 違いは図〔写真 https://bit.ly/3hO6tgJ 〕のとおりで ある(同書P.124)。  N95は確かに、最小の0.3~0.5μm〔マイクロメートル は1000の1ミリメートル〕の粒子でも95%を防ぐことが できるのに対し、サージカルマスクは、その最小粒子で はほんの少し劣るものの他は同等かそれ以上の性能があ る。驚くのは一般的な不織布で、最小粒子ではさらに劣 って90%程度の防御率になるものの、全体としてはサー ジカルマスクに近い性能を持っているということであ る。この3者では「大きな飛沫粒子を除去する能力に は、あまり差がみられなかった。小さな粒子ではやや差 は見られたが、それでも、きちんとした不織布マスクで あれば、一般の人の日常生活なら十分と思われる性能を 持っていることが明らかになった」(西村、P,125)。  もっと驚くのは、それ以外の、布(ガーゼ)マスク、 ポリエステルマスク、ポリウレタンマスクの性能の低さ である。ポリウレタンに至っては「富岳のシミュレーシ ョン結果では、吐き出し飛沫量で50%、吸い込み飛沫量 で30~40%を除去するとされていたが、私の研究室の実 験では、5μmより小さい粒子は1%以下の除去率しか なかった」ので、「自分を守るにはまったく無力で、周 囲を守るのにも多分ほとんど役に立たない」。使い道 は? 1つだけあって、不織布マスクの上から着けて密 着性を補強することである。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日
  • テキスト形式