第650回 この夏にアメリカは荒れるのか?プレヤーレンが語るヒトラーの死の真実

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 第650回 この夏にアメリカは荒れるのか?プレヤーレンが語るヒトラーの死の真実 …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ▼今回の記事の要約 今回はまぐまぐから「サマーアワード」にエントリーを要請されたので、そのための記事を書く。テーマは「この夏」だ。アメリカのこの夏をテーマにして記事を書くことにした。アメリカ国内の情勢については一度しっかりと書かなければならないと思っていたので、ちょうどよい。 いま日本では新型コロナウイルスの緊急事態宣言下のオリンピック開催ということで、様々な混乱が起こっているが、日本ではめったに報道されないものの、アメリカでも状況は決して安定しているとはいえない。この夏には、抑圧された憤懣がトランプに結集する動きが改めて始まるかもしれない。 日本では、アメリカの経済成長の加速とインフレの昂進を中心に注目が集まっているが、アメリカ国内の状況を調べると、昨年の米大統領選挙のときに見られたような社会混乱が引き続き継続しているのが分かる。それは、犯罪率の上昇、都市住民の郊外への移転、激しい政治対立である。バイデン政権の実施している巨額の経済対策の効果にもかかわらず、アメリカ国内の分断は一層激しくなっているようだ。 この分断した状況は、この夏に開催されているトランプラリーに象徴的に現れている。2016年、トランプはアメリカ国内の没落した中間層の憤懣を土台にして大統領選を戦ったが、いま同じような構図ができつつある。そのリアルな状況を詳しく紹介する。 最後に、これまで紹介する機会がなかったビリー・マイヤーのコンタクト記録で、ヒトラーの死の真相に関するものがあるので、それを紹介することにした。2020年3月に行われた第733回目のコンタクトだ。 今回はこのよな内容を詳しく解説する。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
  • いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式