【第179号】最初が肝心~タスクフォースをスムーズに立ち上げる3つの着眼点

金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
【第179号】最初が肝心~タスクフォースをスムーズに立ち上げる3つの着眼点 課題背景:あなたはタスクフォースをスムーズに実行できますか? タスクフォースとは、(ここでは)ざっくり言うと短中期のプロジェクトチームのことを差します。 緊急時の一時的な対処や、まだ前例のないことへのチャレンジなど、 恒常の組織として立ち上げるようなことではない場合に、 メンバーを集めて発足するのがタスクフォースです。 私はこれまでにタスクフォースにメンバーとして選ばれたことも、 自分がリーダーとして動かしてきたこともあります。 その経験から今回は、 タスクフォースの中でも最も重要な立ち上げ部分について、 リーダー目線の話をしていきたいと思います。 タスクフォースを立ち上げた経験がある方は、 その進行が意外と難しく感じたことでしょう。 タスクフォースというのは、 通常のプロジェクトチームや部などの組織とは 全く違う性質を持っているからです。 緊急時に一時的に集められるチームですし、 メンバーは本来の業務とは別個で時間を割いてもらうことになります。 すると当然ながら、それをまとめるには高度なリーダーシップ・マネジメントスキルが必要。 そして中でも、立ち上げ時にどう動くかでその後のタスクフォースの行方は大きく左右されます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 金田博之のMBA実践メルマガ~ゼットスケーラー日本・アジア代表が動画と教材で教える経営フレームワークのすべて
  • 2017年から4年連続でまぐまぐ大賞「キャリアアップ部門」受賞。40代現役経営者かつビジネス書著者(累計10冊)の人気メルマガ。著者はサイバーセキュリティ市場を牽引するゼットスケーラー社(NASDAQ: ZS)で日本・アジア全域を統括する代表取締役。 MBAは「ビジネス界の成功のパスポート」と呼ばれています。しかしMBAを勉強したくても「お金」と「時間」が膨大にかかり、ビジネススクールの多くが海外。意欲があっても学ぶ機会が作れない日本人がたくさんいます。 当メルマガはMBAの経営フレームワークを身につける機会がない勤勉な方に対して低コストで実践的に学習する環境を動画とテキストで提供します。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)