メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

Q. DXに成功したアパレル企業のNikeとLululemon、前年同期比の売上成長率は?

決算が読めるようになるノート
ヒント:どちらも●倍近い成長をしています。 この記事はゲストライターとの共同制作です。 アパレル業界は、新型コロナウイルスの影響を強く受けた業界であると言えます。 日本では、2020年5月に東証1部上場企業である株式会社レナウンが民事再生法を適用し、アメリカでは、2020年7月に紳士服メーカーのブルックス・ブラザーズが経営破綻しました。 今回は、そのような厳しいアパレル業界にありながら、前年同期比(YoY)で大きな成長を遂げているNIKEとlululemonを取り上げていきます。 2社に共通する成長要因は、コロナ禍でのホームトレーニング需要をうまく取り込み、「DXに成功したこと」であると言えますが、DXが2社の業績にどのような影響を与えたのか、深堀りしていきます。 ※今回取り上げている四半期決算は、NIKEが2021年3-5月期、lululemonが2021年2-4月となっています。 NIKE, INC. REPORTS FISCAL 2021 FOURTH QUARTER RESULTS(2021年6月24日) lululemon Athletica Inc. Announces First Quarter Fiscal 2021 Results(2021年6月3日) NIKEの決算 まずは、NIKEの決算の概要について見ていきます。NIKEは、2021年3-5月期の四半期売上が $12.3B(約1.23兆円)、YoY+96%と、2倍近く成長しています。 四半期税引前利益 $1.8B(約1,800億円)で、前年同月の-$804M(約▲804億円)の赤字から大幅に回復して黒字化しています。税引前利益率も15%と、高い利益率を確保しています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度